通所リハビリテーション

西仙台病院通所リハビリでは

当院の通所リハビリテーションでは、住み慣れたところで自分らしく暮らせるように、専門家がサポートいたします。入院や自宅で長期療養をされている方にとっては、自宅から外出することがリハビリの大きな第一歩。通所リハビリテーションを通して自立した日常生活ができるように、残存機能を維持し、心身機能改善を目指しましょう。

対象の方

病状が安定期にあり、要支援1・2、要介護1~5の認定を受けている方

このような方はご相談ください

  • 家族に言われて物忘れが気になる…
  • 言葉がはっきり話せなくてもどかしい
  • 骨折後のリハビリがしたい
  • 脳卒中になり、体が動かなくなってしまった
  • 家にばかりいて誰とも話さない
  • 長期入院を経験してすぐ疲れるようになった
  • 最近食欲がなくなってきた

病院併設施設だからできること

医師・看護師による医療的サポート

ご利用中に医療的サポートが必要となった際は、医師や常駐する看護師が適時対応します。

心理士が“あたまとこころ”の声を聞きます

「心の専門家」である心理士が頭や心の機能を検査や会話を通して評価し、リハビリに活かします。また、ご本人だけでは抱えきれない悩みや不安の相談にも乗っています。

リハビリの専門家が「やりたい気持ち」を応援

  • 理学療法士(PT) 「歩きたい」を支援。転倒予防・外出支援を行います。
  • 作業療法士(OT) 食事・入浴・トイレなど日常生活動作の獲得、認知機能低下予防を行います。
  • 言語聴覚士(ST) 「食べる・話す」を支援。コミュニケーションや飲み込みの練習を行います。

管理栄養士が健康づくりのお手伝い

現在の生活状況や病状などを基に栄養計画を立てます。ご家族と連携して、健康づくりのお手伝いをさせていただきます。

介護福祉士が献身的に支援します

介護福祉士の介助のもと、広々とした浴室で車いすの方でも安心してゆっくりとご入浴いただけます。また、楽しみを見つけて充実した生活を送ることができるようサポートします。

トレーニングマシンのご紹介

令和5年6月に「クロスステップ」「パワーリハビリAAD」を導入しました。どちらのマシンも、転倒予防や体力向上、ダイエット効果があり、糖尿の方は血糖コントロールにも効果があります。その人に合った最適な負荷量をリハビリで調整します。
衰えた筋肉を鍛えることで、転倒予防や姿勢の改善をしていきましょう。

クロスステップ

車椅子のままでもトレーニングが可能で、高齢者の方や軽い片麻痺の方も無理なく有酸素運動が行えます。効果として、足の筋力強化により、腰や膝の痛みの軽減、立ち座り・階段の昇り降りが楽に行えるようになります。また、変形性膝関節症の予防も期待できます。

パワーリハビリAAD

負荷を掛けながら足の開閉運動を行うことで、太ももの内側と外側の筋力を鍛えることができます。歩行時のふらつきを予防し、安定した歩行が期待できます。また、失禁の予防やO脚の改善にもつながります。

サービス提供日

受付時間
9:30 ~ 16:30
  • 祝日も利用可能です。日曜日・1月1日(元旦)のみ休業となります。
  • 利用開始にあたり、主治医の「診療情報提供書」が必要になります。
  • ご希望の方には、無料の体験利用も実施可能です。「見学・体験お申込票」をFAXにてご送付の上、お申込みください。

ご利用の流れ(1日利用例)

お食事

送迎エリア

事業所概要

事業所名 西仙台病院
サービス種別 介護(予防)通所リハビリテーション
事業所番号 0415112788
利用定員 40名
住所 宮城県仙台市青葉区芋沢字新田54-4
  • 安心して通所リハビリテーションをご利用していただくために、感染対策を行っております。
  • 当院では、訪問リハビリテーションも実施しております。お気軽にお問合せください。

お問合せ

022-394-5721
022-394-7286

担当 通所リハビリテーション(髙橋/庄子)

転倒予防運動

理学療法士が教える!!
転倒予防運動トレーニング ストレッチ編

理学療法士が教える!!
転倒予防運動トレーニング(立位)編

理学療法士が教える!!
転倒予防運動トレーニング(座位)編

SNS CONTENTS