丸森ロイヤルケアセンター〈リハビリ科〉

仕事内容

当施設では、老年期疾患、骨折や脳血管障害の利用者さま一人ひとりにあったリハビリが提供できるよう、PT・OT・STがそれぞれの特性を活かし、その方らしい生活が取り戻せるようアプローチしています。利用者さまだけではなく、そのご家族にも寄り添った関わりを大事にしています。

特徴・強み

入所・通所・訪問リハビリがあり、一人の利用者さまを包括的に支援できる体制が整っています。入所では令和4年2月より、『リハビリ合宿』の取り組みを始めました。通所では『三大介護』への介入に重点を置き、サービスの質の向上を目指しています。訪問では利用者さまの『やりたいこと』が生活場面で展開できるように支援させていただいています。

所属長メッセージ

私達の施設は宮城県丸森町という自然豊かな地域にあります。しかし一方で、高齢化率県内トップクラスという悩ましい部分も持ち合わせています。リハビリの関わりが少ないこの地域で、リハビリの啓蒙活動も意識しながら、訪問リハビリや地域の運動教室事業、通所・入所利用者さまの訪問指導など、施設内にとどまらないリハビリ活動にも力を入れています。
興味があれば、ぜひ足を運んでください。

先輩インタビュー

一人ひとりの生活に合わせて、ご本人と一緒に出来たことを共有できることに、やりがいを感じています。
訪問リハビリに関わることで、入所中と在宅生活での課題の違いに気付くことができました。

教育制度

プリセプター制度があり、1対1で教育係が業務の流れや日々の悩みも含めてサポートさせていただきます。経験年数に関わらず、職場環境に慣れるまで一緒に業務に取り組みます。

平均年齢

34.6歳(令和4年4月1日現在)

職員の割合

女性:9名 男性:5名