Nutritionist

西仙台病院〈栄養科〉

仕事内容

・栄養管理業務(栄養管理計画書作成、ミールラウンドなど)
・入院栄養指導
・NST活動
・給食管理業務(検膳、献立確認、行事食作成など)
・通所リハビリテーション(食事、栄養相談)
・院外出張講座
・チーム活動(褥瘡、摂食嚥下、医療安全、5S)

特徴・強み

長期療養である特徴を踏まえ、疼痛や高齢期に伴う機能に合わせた幅広い形態でのお食事提供が強みです。
季節を感じる行事食や患者さまの「これ食べたい!」の声をお食事へ反映できるよう、病棟担当栄養士が毎日病棟へ足を運んでいます。

所属長メッセージ

当院で活躍する栄養士のほとんどが新卒からIMSグループに入職したスタッフです。
部署としてはまだまだ未熟なところもありますが、経験年数に関わらず支え合える、すてきなチームだと感じています。
部署全体で一人ひとりの将来のビジョンを共有し「やりたい!」を見つけて、みんなで協力し実現できるそんな職場を目指しています!

先輩インタビュー

Q.担当病棟の特徴と普段の業務で心がけていることは何ですか?
A.精神科病棟と内科病棟1病棟ずつ担当していますが、どちらも長期で入院する方が多いため、患者さまの声を受け取れる機会が多いところが特徴であり、強みだと思っています。精神科・内科と栄養管理のアプローチ方法も様々であるため、多職種の幅広い視点を取り入れながら、患者さま一人ひとりに寄り添った食事調整に努めています。

Q.部署の雰囲気を教えてください
A.部署の雰囲気を一言で表すと『とてもあたたかい雰囲気の職場』です!常に笑顔が絶えない部署ですが、一人ひとりの考えを大切にしながら、患者さまのより良い食事提供のために部署一丸となって日々の栄養管理に努めています。

教育制度

・プリセプター制度(入職1~3年目研修プログラム)
・栄養管理認定制度
・管理栄養士実務講習会
・オンライン講習会、研修会
・衛生管理認定制度
・IMS栄養学会

平均年齢

26.3歳 (令和4年4月1日現在)

職員の割合

女性:6名