丸森ロイヤルケアセンター〈看護部〉

仕事内容

看護

利用者さまの健康管理や内服薬の管理、処置の必要な方へのケア実施、介護スタッフへの利用者健康管理のアドバイス、受診サポートなどが主な業務です。

介護

入浴・排泄・食事の介助だけではなく、自宅や次の施設への準備として生活に則した様々な生活リハビリのサポートも行っております。個々のケアプランに基づいた介護計画の策定や、定期的な施設内イベントの開催、地域での介護技術講習など施設内外に向けた取り組みも行っています。

特徴・強み

看護

看取りケアに力を入れています。最期を迎える利用者さまの心と体に寄り添える看護介護をスタッフ一丸で取り組んでおります。
ご家族のグリーフケアを考えながら、夢プランを行い残された時間を大切に過ごされるようケアを行っています。

介護

丸森ロイヤルケアセンターの特徴は、宮城県の南端に位置する丸森町という小さな地域にあります。
施設は町の中心部に位置し、丸森町だけではなく周辺地域、遠くは南相馬市などからもご利用いただいております。
そういった中で中間施設としての役割を果たし、在宅復帰超強化型施設となっております。

所属長メッセージ

【看護】
毎日新しい事の発見で楽しいです。当施設の看護師は高齢者と若者との良き橋渡し役になっています。
休みも取りやすく、しっかりとプライベートも確保できます。

【介護】
私たちは、「和」、「話」、「輪」の3つの"わ"を大切にし、利用者さまが「自分らしさ」を損なうことなく安心して生活できる「場」を共に築くという理念を掲げ、利用者さま、ご家族のそれぞれの生活を大切に考え、利用される方一人ひとりの身体機能や生活習慣に合わせた支援が出来るよう、介護職としてのサポートを行っております。

先輩インタビュー

【看護】
病院での経験しかなく仕事する前は不安でしたが、勤務してみたら自分が行ってきた経験が上手く活かされ、自分がやってきた
ことが無駄ではなかったと実感できました。

【介護】
介護の現場は決して楽なものではありませんが、これからも社会に必要とされる仕事です。
この仕事の一番の喜びは、利用者さまと次第に信頼関係ができていく過程や、自分の働きが伝わり感謝された時です。
こうした感動は他の仕事では得難いことだと思います。

教育制度

看護

施設内看護師研修会 IMS各種研修会

介護

内部研修(月に3回前後)外部研修 介護研究・介護福祉士受験学習支援 
IMSキャリアラダーシステム(1~5のレベルに合わせて段階的に受講できる教育プログラム)
プリセプター制度導入(入職後一定期間専任のスタッフと共に職場で仕事・教育を行う制度)

平均年齢

看護

50歳後半(令和4年4月1日現在)

介護

41歳(令和4年4月1日現在)

職員の割合

看護

女性:男性=8:2

介護

女性:男性=43:19