Medical Social Worker

イムス明理会仙台総合病院〈相談室〉

仕事内容

医療ソーシャルワーカーが5名在籍しております。病気やケガによって生じる様々な心配事について一緒に考え、解決するお手伝いを行っており、自宅や施設、病院への退院支援が主な業務です。また、入院患者さまだけではなく外来受診される患者さまからの相談にも対応しています。退院先、制度活用、経済面、家族内の課題など、相談内容は多岐に渡ります。

特徴・強み

当院には一般病棟と回復期リハビリテーション病棟があります。中小規模の病院でもあるため、多職種と顔の見える関係性があり、退院支援での連携が図りやすいです。総合病院であるため、幅広い診療科を担当することができます。また、IMSグループの専門職研修が充実しており、ソーシャルワーカーとしての成長にも繋がります。自己の成長が患者さま・ご家族の支援に役立てるよう、日々向上心をもって取り組んでいます。

所属長メッセージ

私たちの主な仕事内容は退院支援です。退院を迎えるまでには様々な課題を解決しなくてはならず、患者さま・ご家族だけではなく多職種多機関と協働・連携をとりながら支援にあたっています。ソーシャルワーク専門職として周囲に頼られ、質の高い支援ができるよう、部署内カンファレンスを通して支援の点検をしています。随時お互いに相談し協力し合えるメンバーで仕事をしています。

先輩インタビュー

部署人数は少数ですが、知識の共有や困った場合の解決方法を提案し合い、意見を出し合っています。また、他医療機関との情報交換会や勉強会にも積極的に参加しております。患者さま・ご家族に質の高い支援を提供できるようサービス向上に努めています。

教育制度

当グループの教育制度イムススクールには、ソーシャルワーカーのコースが組み込まれています。新人、初任者、中堅者、管理者というように、経験に応じたものを受講することができます。運営もグループ内のソーシャルワーカーが担っており、いかに質を高めていくか日々協議し研修内容を検討しています。運営に携わることで教えることの難しさも痛感しますが、それ以上に学びを深める機会になります。

平均年齢

28.7歳(令和4年4月1日現在)

職員の割合

女性:5名